ガスコーニュ便り

タグ:オリヴァー・ストーン ( 2 ) タグの人気記事




オリヴァー・ストーン監督『アレキサンダー』

歴史映画が大好きです。
夫はアレキサンダー大王に強い興味を持っていて、しょっちゅう私に彼(馴れ馴れしいか・・・)の話をするのですが、先日その生涯を描いた映画『アレキサンダー』(原題 “Alexander”)を観ました。2004年のアメリカ映画です。
f0241468_1914232.jpg

アレキサンダー大王の死から40年、臣下であったプトレマイオス1世(アンソニー・ホプキンス)はアレキサンダーの生涯を記録に残すための口述をしている・・・
紀元前356年、マケドニア王ピリッポス2世(ヴァル・キルマー)と妃オリュンピアス(アンジェリーナ・ジョリー)とのあいだに生まれたアレクサンドロス3世=アレキサンダー大王(コリン・ファレル)はアリストテレス(クリストファー・プラマー)に学び、ギリシャ的教養と科学的な探求心を身につける。両親の不仲に苛まれていた紀元前336年のある日、父王ピリッポス2世が暗殺され、アレクサンドロス3世は20歳でマケドニア王となる。翌年にはマケドニア北境とギリシャの反乱を鎮圧し、テーベを滅ぼした。その翌年の紀元前334年にはピリッポス2世の計画していたペルシア遠征へと乗り出す。


コリン・ファレルとアンジェリーナ・ジョリーという大根役者が主要人物を演じているのは残念でしたが、それを補って余るほど上手に作られた映画でした。ヴァル・キルマーは上手だし。コリン・ファレルのひたすら声を張り上げる台詞読みやアンジェリーナ・ジョリーのけれんたっぷりな演技に対して、アンソニー・ホプキンスの無駄のない演技やクリストファー・プラマーの静かな声の醸し出す、豊かな表情よ!
アレキサンダー大王にいままで興味がなかった(というかこのあたりの歴史が複雑に過ぎてついていけなかった)のですが、確かに、この人についてもっと知りたいと思うような人物でした。でもこの辺の戦いの歴史というのは、ほんとうに血なまぐさくておどろおどろしいですね。まあ、戦いの歴史ってそんなものかな。
[PR]



by paloise | 2013-03-28 19:16 | 私の映画館

オリヴァー・ストーン監督『野蛮なやつら/SAVAGES』

オリヴァー・ストーン監督。
話の内容はどうあれ、観ていて安定感のある映画監督、映画の作り方を心得ている映画監督だと思います。

2012年制作の "Savages" を観ました。
f0241468_2226135.jpg

原作はアメリカの人気作家ドン・ウィンズロウ。
邦題は『野蛮なやつら/SAVAGES』となっていて、日本ではこの3月に公開されるようです。

物語の出だしをかいつまんで説明すると、

大麻栽培のビジネスを成功させた二人の若者、ベン(アーロン・ジョンソン)とチョン(テイラー・キッチュ)。親友同士のベンとチョン、そして二人の共通の恋人オフィリア(ブレイク・ライヴリー)の三人は、カリフォルニアのラグナ・ビーチで優雅に楽しく暮らしているが、女王エレナ(サルマ・ハエック)率いるメキシコの巨大な麻薬カルテルに目をつけられ、強引な提携を結ぶことを迫られた末、話がこじれてオフィリアを人質に取られてしまう・・・

という具合です。
題名の "savages" とは「残忍な人」という意味の名詞の複数形。麻薬カルテルの人間を指しています。
麻薬カルテルの人間たちの非常さ、残忍さをきっちりと映像にしていて、私の大好きなベニチオ・デル・トロも、この映画ではエレナの部下ラドとして非道な人間を演じきっていました。人を人とも思わない、男を拷問し尽くして殺し、女を強姦する、まさに "savage" です。

いつも思うのは、オリヴァー・ストーン監督は悪を美化しないところが素晴らしい、ということ。
アル・カポネの人生を格好いいものとして描いたり、人情深いやくざに憧憬を抱かせるような映画が蔓延していますが、悪いものは悪いのですから。
『野蛮なやつら/SAVAGES』という邦題は、どこかでやはり悪を賛美している印象を受けるので、オリヴァー・ストーン監督の意図に反するような気がしています。

ちなみにアメリカの麻薬取締局の悪徳警官デニス役でジョン・トラボルタが出ているのですが、なんだか顔が変わったような・・・不自然に肌が若いというか・・・。

親友同士の男二人と一人の女性の、恋愛と友情の入り交じった関係といえば、フランソワ・トリュフォー監督の "Jule et Jim"(邦題:『突然炎のごとく』)を想い出しますが、『野蛮なやつら/SAVAGES』のなかの三人は、どういう未来を迎えるのだろうなあ、なんて思いました。
[PR]



by paloise | 2013-02-20 22:43 | 私の映画館

ピレネー山脈の見えるフランスの街から三方を山に囲まれた古都に引っ越しました。
by haruka
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

鉄製フライパン
at 2016-08-28 12:19
冬の果物事情
at 2016-02-04 22:33
大晦日
at 2015-12-31 10:00
京都に再び暮らし始めて
at 2015-10-28 22:00
テレビシリーズ “Rippe..
at 2015-10-12 16:19

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。