ガスコーニュ便り

タグ:イーサン・ホーク ( 1 ) タグの人気記事




リチャード・リンクレイター監督 “Before Midnight”

旅行記の続きの前に・・・

公開を楽しみに待っていた“Before Midnight”(邦題は『ビフォア・ミッドナイト』になるのかな?)を観に行ってきました。
f0241468_20274927.jpg

多くの人には、自分の青春時代を重ね合わせながら観る「青春映画」のようなものがあると思いますが、私の場合は1995年のアメリカ映画『ビフォア・サンライズ』(原題 Before Sunrise)がまさにそれに当たります。ジュリー・デルピーとイーサン・ホークが旅先での若く切ない恋を演じ、甘やかな後味を残す良作。青春時代真っ盛りの頃に観て、大好きになった映画です(いま観ても、あの頃のような感動を得ることはないのがなんとも寂しくもあり・・・)。
f0241468_20273314.jpg

ヨーロッパを旅行するアメリカ人のジェシー(イーサン・ホーク)と
フランス人の大学生セリーヌ(ジュリー・デルピー)が長距離列車のなかで出会い、ちょっとした会話を交わした後に離れがたくなりウィーンで下車、題名のとおり、日が昇るまでウィーンの街を歩き回るという物語。全編を通してほとんどがふたりの会話で構成されている、非常に印象的な映画です。オープニングシーンでパーセルの歌劇『ディドとアイネイアス』の感動的な序曲が
使われているところも好き。ふたりは半年後に再会する約束をして別れるのですが、再会は叶ったのか、そしてその後のふたりはどうなったのか、を描くのが2004年公開の『ビフォア・サンセット』(原題 Before Sunset)です。
f0241468_2029641.jpg

ウィーンの街を歩き回ったあの日から9年・・・あの日の出来事を綴った小説を出版し、その宣伝のためにパリの書店を訪れていたジェシーは、そこでセリーヌとの再会を果たします。ジェシーはその日の夕方の飛行機で帰国する予定。ふたりは夕暮れまでの短い時間をともに過ごすことに。飛行機の時間が差し迫るなか、パリの街を歩きながら想い出や現在について語り合うふたり。ジェシーは飛行機に乗ったのか乗らなかったのか・・・それが明かされぬままに物語は幕を閉じます。
その9年後の今年になって公開されたのが、“Before Midnight”。舞台はギリシャのメッシニア。中年期にいるふたりの物語です。
f0241468_2029204.jpg

映画の内容は書きませんが、ジェシー(というかイーサン・ホーク)が年を取って、ちょっとアホっぽい、だらしのない口元がマシになったこと、もともとぽっちゃり系のジュリー・デルピーがさらにぽちゃぽちゃになっていたことが、時間の経過をきっちりと感じさせてくれました。ふたりともたくさんの映画で活躍しているけれど、このシリーズで出会うふたりがいちばん好き。
映画のなかで印象的だった会話・・・セリーヌがジェシーに、「私の性格で変えたいところがあるとしたら、なに?」と執拗に尋ねます。ジェシーは答えたがらないのですが、セリーヌのしつこさに負けて「君が僕の性格を変えたがるところかな」と言います。ああ、私も絶対にそんなのは嫌だ。もしも夫が私のどこかを変えようとしたら、一緒にいたくなくなるでしょうね。人は人の一部を好きになるわけではないのですから。「ここは好きだけれど、ここの部分は嫌だから受け入れられない。変更して」と求められたら・・・考えるだけでもぞっとします。
[PR]



by paloise | 2013-07-08 18:55 | 私の映画館

ピレネー山脈の見えるフランスの街から三方を山に囲まれた古都に引っ越しました。
by haruka
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

鉄製フライパン
at 2016-08-28 12:19
冬の果物事情
at 2016-02-04 22:33
大晦日
at 2015-12-31 10:00
京都に再び暮らし始めて
at 2015-10-28 22:00
テレビシリーズ “Rippe..
at 2015-10-12 16:19

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。