ガスコーニュ便り

周防正行監督『舞妓はレディ』

遅い夏季休暇取得中に観に行ってまいりました。楽しみにしていた『舞妓はレディ』(2014)、周防監督の新作日本映画です。
f0241468_198972.jpg

タイトルだけで、“My Fair Lady” が下敷きだとわかるこの映画、筋もすべて“My Fair Lady” が下敷き、つまり『ピグマリオン』そのままのお話です。ミュージカル映画なので、ミュージカル映画が好きでない人にはちょっとおすすめのできない作品。私はミュージカルもミュージカル映画も大好物なので、かなり楽しめました016.gif

京都の花街のひとつである下八軒(注:実在しません)には舞妓が齢30になろうという(!)百春(田畑智子)ただひとりしかおらず、後継者不足に悩んでいた。そんなある日、百春が身を置くお茶屋の万寿楽(ばんすらく)に、春子(上白石萌音)という少女が舞妓になりたいと訪れてくる。強烈な津軽弁と鹿児島弁とを話す春子を追い返そうとする女将(富士純子)であったが、その場に居合わせた言語学者の京野(長谷川博己)が興味を示したことから春子は万寿楽の仕込みとなる。客の北野(岸部一徳)にもこの訛りでは無理と反対されるが、京野は必ず訛りを矯正して一人前の舞妓に仕立てると宣言し、弟子の秋平(濱田岳)とともに春子のことば指導を始める・・・。

結末もはっきりとわかっているし、かなり忠実に “My Fair Lady” をなぞっているので驚きはどこにもないのですが、春子を演じる上白石萌音の歌声は伸びやかで大変に素晴らしいし、万寿楽の芸妓・里春を怪演する草刈民代、男衆役の竹中直人や里春に惚れ込む客を演じる高嶋政宏など、味の濃い役者揃いで観応えがあります006.gif竹中直人&渡辺えりのコンビで “Shall we ダンス?” へのちょっとしたオマージュシーンもありました。草刈民代ってバレエダンサーとしてはなんの才能もない人だし、女優としてもどうなのだろうとこれまで思っていましたが、夫である周防監督の作品ではこんなにも魅力が炸裂するのだなあ、と感心しました。コメディエンヌ向きなのかもしれません。“The Rain in Spain” は「京都の雨はたいがい盆地に降るんやで・・・」と、う〜む、な転用で、ちょこっと残念でしたけれど、ま、些末なことですね025.gif

実はこの日、ほんまもんの舞妓さんがプライベートで『舞妓はレディ』を観に来ていました。トイレでおばさま方からの質問攻めに遭っていましたよ037.gif
[PR]



# by paloise | 2014-09-22 19:09 | 私の映画館

幸福な仕事

あっ、という間に日々が過ぎてゆきます。
梅雨入りしたものの、さほど雨の降らない日々。じめじめとした空気の鬱陶しさだけが、梅雨を感じさせます025.gif

いつの頃からか、「梅仕事」という言葉を耳にするようになりました。
梅干しや梅酒など、梅を仕込むことをいうようですが、昔から使っていた言葉なのでしょうか。
母は毎年、梅干し・梅酒・梅ジュースを仕込むのですが、「梅仕事」という言い方はしたことがありませんでした。
f0241468_22443683.jpg

梅のあく抜き中…。
甘酸っぱい、芳醇な梅の香りを思い切り吸い込みながら、ヘタをそおっと取り、優しく洗い、丁寧に拭く…梅仕事、幸せすぎる仕事ではありませんか016.gif
f0241468_22445222.jpg

母とは別に、私も自分用に梅酒を漬けました。夫が来日したら一緒に飲める♡とワクワクしています。梅干しは母のを分けてもらう予定037.gif
[PR]



# by paloise | 2014-06-29 15:42 | 野菜図鑑

春のおいしいもの

もう春というより初夏で、青々とした若葉が目に眩しく、太陽の光に心が弾みます。

一年中「好きなもの」だらけの私ですが、春先というのは色の美しい野菜が次々と押し寄せてきて楽しいものです。

フランスでも心待ちにしていたえんどう豆ですが、関西では「うすいえんどう」という種類がよく食されています。学生時代に住んでいた東京では見なかったものの一つですが、いまは売っているのかもしれませんね045.gif
f0241468_18121643.png

毎年いただく花山椒。酒と、ほんの少しの醤油で炒りつけたものを、ごはんのおともにしていただきます。これがすごく香りよく、春の味なんです016.gif
独活。幼い頃から大好きで、春は毎日のように酢の物をねだっていました。
独活だけでなく筍や蕗の薹など、春先の野菜はアクの強いものが多く、デトックスに向いているようですね。冬のうちに溜め込んでしまったあれこれを、春先の清々しい味わいで追い出す感じがして、すごく好きです。


f0241468_18122477.jpg

やっぱり豆ごはん。私は酒をたっぷりと入れて炊くのが好き♡炊いている最中に炊飯器のそばに寄るとむせそうになるほど酒のいい香りがします。


そして柏餅。京都では道明寺の柏餅が多いのですが、私は道明寺がさほど好きではありません。
とらやの味噌餡(生地は外郎)の柏餅がいちばん好き。関東圏のとらやでは、生地が餅なのだそうです。ういろもそんなに好きではないので、いつか東京のとらやで柏餅を買ってみたいです。
f0241468_18124176.png

新茶の季節です。我が母は昔から「初摘みの新茶が売りに出たらすぐに飲む」という命を厳しく自分に課しているので、うちの者たちは長生きするかもしれません037.gif
[PR]



# by paloise | 2014-05-17 10:10 | 野菜図鑑

春爛漫

先々週あたりからぐっと気温の高い、お天気のよい日が断続的に訪れます。見応えあるソメイヨシノの花盛りはもう過ぎてしまいましたが、様々な種類の枝垂れの桜がいま、見頃を迎えています。昨日は母とともに、半木(なからぎ)の道と名づけられた、鴨川沿いに造成された枝垂れ桜の並木道を歩いてきました。
f0241468_2351765.jpg

こちらは近所の寺のソメイヨシノ。2週間ほど前に散歩に行った際の写真です。やはり日本の淡い色合いの桜は寺社によく映えます。フランスでは関山のような濃いピンクの八重桜がほとんどのようで、その綿菓子のような見事な花ぶりもなかなか好きなのですが、やはりソメイヨシノの可憐さもいいですね。
f0241468_235113100.jpg

半木の道を歩いた後、大徳寺のほうまで足を伸ばし(バスでね037.gif)、ずっと食べたかった松屋藤兵衛の味噌松風を買って帰ってきました。味噌松風というのは、小麦粉を水に溶いたものに白味噌を加えて発酵させた生地を焼いた京菓子で、店によって色々な作り方があります。松屋藤兵衛のそれはカステラのような見た目。大徳寺納豆(念のため:あの糸を引く納豆とはまったくの別物です)の塩味が風味を与えていて大変に美味で、大好物なのです016.gif何年ぶりかの味噌松風は相変わらず美味しくて、すっかり嬉しくなってしまいました。花も団子も楽しみたい、欲張りな人間です、私。
[PR]



# by paloise | 2014-04-13 10:00 | 甘いもの

白い麻のハンカチ

日本では消費増税直前(4月1日より5%から8%へ)ということで駆け込み需要がぐんと上がっています。私も御多分に洩れず、新生活の始まるのはもう少し先のこととはいえ必ず必要になる、炊飯器やマルチブレンダー、ヘアドライヤーなどの電化製品を着々と買い込んでいます。ああ、これだけざくざくと散財していると、どうとでもなれ、というような気持ちになります…。
f0241468_1594281.jpg

さて、長いことハンカチは麻か木綿の白いもの、と決めているのですが、こちらも消費増税前にいくらか、と思って10枚ほど買い足しました。ハンカチというのはなかなかに面白く、小さな正方形のなかに様々な世界観が表れていて楽しいものですが、白のすっきりとした模様のついていないもの(大抵は男もの)というのは大変に清潔感があるのがよろしく、自分で使う分にはこちらばかりです。刺繍の入っているものも好きですが、白一色というのが好み。

仕事が終わり、夕飯を終え、買うべき電化製品をインターネットで眺める、という疲れる調査を繰り返すなかで真新しい麻のハンカチに次々とアイロンをかけてゆくというのはなんとも清々しく気持ちのよいものでした。

なかなか新しいブログタイトルが思いつかないのでそのままにしています。
[PR]



# by paloise | 2014-03-23 15:12 | 抽斗

ピレネー山脈の見えるフランスの街から三方を山に囲まれた古都に引っ越しました。
by haruka
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

鉄製フライパン
at 2016-08-28 12:19
冬の果物事情
at 2016-02-04 22:33
大晦日
at 2015-12-31 10:00
京都に再び暮らし始めて
at 2015-10-28 22:00
テレビシリーズ “Rippe..
at 2015-10-12 16:19

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。