ガスコーニュ便り

<   2014年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧




周防正行監督『舞妓はレディ』

遅い夏季休暇取得中に観に行ってまいりました。楽しみにしていた『舞妓はレディ』(2014)、周防監督の新作日本映画です。
f0241468_198972.jpg

タイトルだけで、“My Fair Lady” が下敷きだとわかるこの映画、筋もすべて“My Fair Lady” が下敷き、つまり『ピグマリオン』そのままのお話です。ミュージカル映画なので、ミュージカル映画が好きでない人にはちょっとおすすめのできない作品。私はミュージカルもミュージカル映画も大好物なので、かなり楽しめました016.gif

京都の花街のひとつである下八軒(注:実在しません)には舞妓が齢30になろうという(!)百春(田畑智子)ただひとりしかおらず、後継者不足に悩んでいた。そんなある日、百春が身を置くお茶屋の万寿楽(ばんすらく)に、春子(上白石萌音)という少女が舞妓になりたいと訪れてくる。強烈な津軽弁と鹿児島弁とを話す春子を追い返そうとする女将(富士純子)であったが、その場に居合わせた言語学者の京野(長谷川博己)が興味を示したことから春子は万寿楽の仕込みとなる。客の北野(岸部一徳)にもこの訛りでは無理と反対されるが、京野は必ず訛りを矯正して一人前の舞妓に仕立てると宣言し、弟子の秋平(濱田岳)とともに春子のことば指導を始める・・・。

結末もはっきりとわかっているし、かなり忠実に “My Fair Lady” をなぞっているので驚きはどこにもないのですが、春子を演じる上白石萌音の歌声は伸びやかで大変に素晴らしいし、万寿楽の芸妓・里春を怪演する草刈民代、男衆役の竹中直人や里春に惚れ込む客を演じる高嶋政宏など、味の濃い役者揃いで観応えがあります006.gif竹中直人&渡辺えりのコンビで “Shall we ダンス?” へのちょっとしたオマージュシーンもありました。草刈民代ってバレエダンサーとしてはなんの才能もない人だし、女優としてもどうなのだろうとこれまで思っていましたが、夫である周防監督の作品ではこんなにも魅力が炸裂するのだなあ、と感心しました。コメディエンヌ向きなのかもしれません。“The Rain in Spain” は「京都の雨はたいがい盆地に降るんやで・・・」と、う〜む、な転用で、ちょこっと残念でしたけれど、ま、些末なことですね025.gif

実はこの日、ほんまもんの舞妓さんがプライベートで『舞妓はレディ』を観に来ていました。トイレでおばさま方からの質問攻めに遭っていましたよ037.gif
[PR]



by paloise | 2014-09-22 19:09 | 私の映画館

ピレネー山脈の見えるフランスの街から三方を山に囲まれた古都に引っ越しました。
by haruka
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新の記事

鉄製フライパン
at 2016-08-28 12:19
冬の果物事情
at 2016-02-04 22:33
大晦日
at 2015-12-31 10:00
京都に再び暮らし始めて
at 2015-10-28 22:00
テレビシリーズ “Rippe..
at 2015-10-12 16:19

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。