ガスコーニュ便り

<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧




石井裕也監督『舟を編む』

帰国早々に観に行ってきた映画は、『舟を編む』という美しい題名の日本映画(2013年)です。三浦しをんによる同名の小説を映画化したもの。
f0241468_12303354.jpg

玄武書房辞書編集部に勤めるベテラン編集者の荒木は近々定年を迎える。監修者である松本の強い希望により、後継者となる社員を見つけることになった荒木は、営業部内で変人扱いを受ける馬締光也に目をつける。辞書編纂に人生を捧げる松本と荒木、「チャラ男」ではあるが温かい心を持ち、新語にめっぽう強い西岡、クールで仕事の早い契約社員の佐々木、下宿先の大家であるタケとその美しい孫娘の香具矢に囲まれ、誰かの思いを知りたい、誰かに思いを伝えたいともがく馬締の、そして皆の人生が、新辞書『大渡海』とともに編まれてゆく。

周りの言語学者の諸先輩方が小説をこぞって褒めていたので、映画ともに気になっていたのですが、折よく映画館でかかっていたので映画を観、小説も読みました。三浦しをんという作家のことは、軽い(=安っぽい)作風の人、という認識でしかなかったので読まず嫌いだったのですが012.gif、わりと好きになってしまいました。実際に読んでみてやはり軽い作風だとは感じますが、安っぽくはなく、心に語りかけてくるものがあります。『舟を編む』では辞書作りの現場という、身近ではないけれども非常に興味深い場所が取り上げられていて、とにかく色々な部分が面白い映画(小説)です。心の軽くなる、温かく優しい物語でとても気に入ったので、DVDを買って夫に送りました。
[PR]



by paloise | 2014-02-23 12:31 | 私の映画館

さよならは 別れの言葉じゃなくて

再び逢うまでの遠い約束、なんて012.gif
f0241468_19122243.jpg

1月中、幾度さよならを告げたことでしょう。フランスを引き上げることになったのは去年の夏頃。まだまだ先のこと、と思っているうち、あっという間に帰国の日がやってきました。9月から日本で働く夫に先駆け、日本での生活の基盤を築くための帰国です。しばらくのあいだ、夫と離れるのがなによりも辛いけれど、3年足らずのフランス生活で得た親しい人たちや日々の暮らしを後に残してゆくというのもやはり、寂しいものでした。けれども夫の母国であるフランスには今後も足を運ぶわけなので、いつかまた、という気持ちで親しくしてきた人たちにさよならを告げました。

『ガスコーニュ便り』ではなくなる以上、今後このブログタイトルは改めるつもりでいますが、どのよう内容にするのかは決まっていません。仕事を始めたこともあり、しばらくのあいだ小休止が続くかもしれませんが、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
[PR]



by paloise | 2014-02-16 19:13 | はじめに

ピレネー山脈の見えるフランスの街から三方を山に囲まれた古都に引っ越しました。
by haruka
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

最新の記事

鉄製フライパン
at 2016-08-28 12:19
冬の果物事情
at 2016-02-04 22:33
大晦日
at 2015-12-31 10:00
京都に再び暮らし始めて
at 2015-10-28 22:00
テレビシリーズ “Rippe..
at 2015-10-12 16:19

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。