ガスコーニュ便り

oignon doux des Cévennes セヴェンヌの甘たまねぎ

日本の初夏に出回る甘くて瑞々しくて柔らかな、新たまねぎが大好物です。

oignon doux(オニョン ドゥ)と呼ばれるたまねぎは、新たまねぎによく似て、薄く柔らかい皮に包まれています。
f0241468_20475865.jpg

doux は「甘い」とか「柔らかい」とかいう意味の形容詞ですが、まさに甘く柔らかなたまねぎです。
なかでもフランス中央山地南東部にある Cévennes(セヴェンヌ)という山岳地帯で生産されているものはとても美味(AOP)。

薄切りにしたものを生で食べるのはもちろん、じっくり弱火で炒めて軽く塩をしたものを肉料理のつけあわせにしたりもします。ねぎ類の、癖の強い味は薄く、柔らかくとろりとした食感と濃い甘みが豚肉によく合うので、豚フィレミニョンのソテーや、豚の生姜焼きに添えたりします。もちろん肉じゃが(こっちは牛肉ですが)のような煮物にも使います。
f0241468_20483286.jpg


ちなみに一般的なたまねぎは oignon sec(オニョン セック 乾いたたまねぎ)などと呼ばれるもので、辛みが強く硬くて火の通りが遅いので、しっかりとした煮込み料理に使います。
[PR]



by paloise | 2013-02-24 20:49 | 野菜図鑑

ピレネー山脈の見えるフランスの街から三方を山に囲まれた古都に引っ越しました。
by haruka
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

鉄製フライパン
at 2016-08-28 12:19
冬の果物事情
at 2016-02-04 22:33
大晦日
at 2015-12-31 10:00
京都に再び暮らし始めて
at 2015-10-28 22:00
テレビシリーズ “Rippe..
at 2015-10-12 16:19

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。